• トップに戻る
  • あんしんの医療を、すべてのひとに。
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科について
  • 健診について
  • 日比野病院について
  • アクセス
  • 採用情報
  • 脳ドック
  • 採用情報
  • 医療法人 信愛会
  • 関連施設
    介護老人保健施設しんあい
    医療介護センター
    高齢者福祉施設 めぞん大塚
    デイサービス とも
    デイサービス 長楽
    院内保育施設 日比宅・日比家

入院のご案内

  • 入院案内
  • 介護保険制度
  • 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟のご案内

回復期リハビリテーション病棟とは ~回復期リハ病棟の目的~

  • 脳血管疾患や大腿骨頸部骨折、四肢・骨盤骨折、その他の急性期治療を終えた患者様に対し、社会復帰を目指しリハビリテーションを集中的に行う病棟です。「できるだけ早期から」「患者様に合わせた」社会復帰を目指します。

    回復期リハビリテーション病棟では、1年365日休みなくリハビリを行い、スタッフ全員が患者様やご家族と一緒に、早期の日常生活動作能力の獲得や社会復帰を目指します。

-回復期リハビリテーション病棟は社会復帰を目標としています

「地域に信頼され愛される病院を目指し努力します」という当院の理念のもと、患者様やご家族がともに住み慣れた環境で生き生きとした生活を再び送れるよう、早期から在宅退院へ向けての目標を明確にし、病棟スタッフ全員がそれぞれの専門性を活かしながら協力し合っています。病棟での日常生活動作が早期に向上するよう、リハビリテーション室での訓練だけでなく病棟での訓練や外出訓練も重視しています。

-退院に向けて共通 の目標を決定します

リハビリテーションについてより理解し取り組んでいただくため、毎朝開催するスタッフカンファレンスで検討した内容を、専従医が患者様やご家族に説明し、ご意見をうかがいながら、退院に向けて共通 の目標を決定します。

-安心して在宅復帰していただきます

退院前には患者様と一緒にご自宅を訪問し、実際の生活の場で動作を確認し、手すりや段差の解消などのアドバイスも行います。
退院前に必要に応じてケアマネージャーや、退院後に利用する介護保険サービス事務所の方とカンファレンスを行い、スムーズな在宅生活への移行を支援します。
また、必要があれば自動車運転や復職の支援も行います。患者・ご家族とも安心して在宅復帰をしていただけます。

回復期リハ病棟の対象患者さま

疾患 発症からの期間 入院期間
  • 1. 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症等の発症もしくは手術後の状態
2ヶ月以内 150日
  • 高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚椎損傷・頭部外傷を含む多部位外傷
180日
  • 2. 二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態
2ヶ月以内 90日
  • 3. 外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有する状態、
    手術後または発症後
2ヶ月以内 90日
4. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日

回復期リハ病棟のスタッフです ( 平成25年12月1日現在 )

  • 回復期リハビリテーション病棟では短期間で、効果の高いリハビリテーションを提供することが求められています。

    医師、リハスタッフを専任(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は一部専従)とし、スタッフが患者様の訓練に集中できる体制をとっています。

  • 病床 49床
    専従医 1名
    理学療法士 13名
    作業療法士 14名
    言語聴覚士 5名
  • 看護師 25名
    介護福祉士 5名
    看護助手 7名
    医療ソーシャルワーカー 2名
    クラーク 1名

回復期リハビリテーション病棟入院から退院までの流れ